検索
  • ヴィラシメックス事務

コロナ禍と制度普及状況

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

日頃より格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。


昨年は2021年、ベトナム送り出し機関(出国前訓練機関)各社が立て続けに続くロックダウンにより訓練学校の休校、行政指導の下で事務所閉鎖しながら密集を避けたオンライン業務にシフトしていった。 各社ただ一つオンライン化出来なかったのは、実習希望の募集業務である。実習に至るまで何度も対人面談、ご家族を含めた協議、進路案内を丁寧なプロセスを重ねなくてはならない。人と人の信頼関係が有って始めて成立する業界だからこそである。 しかし実習希望者がさらに制度申込を躊躇させた要因がもう一つ有った。各国では有期の入国制限を不規則に何度も繰り返したことにより1万人以上の出国待機者になった。それにより深刻な制度利用の申込控えが起きてしまった。


そしてその様な複合的要因が重なった状況で移動制限の発令が出ていた。一気に各地方民間の人材紹介企業の力が急激に増した。地方募集企業が送り出し機関(職業訓練機関)機能を吸収合併したケースも発生した。


この急激な変化に対応ができない送り出し機関は実質的に休業(実質廃業)に追い込まれた。これにより活動する送り出し機関は1/4に減少し、ベトナム国では日本全国の監理団体からの求人対応が回らなくなった。


これらの全体的な変化を是正するべく、我々ヴィラシメックス社は行政に働きかけ実習生と受け入れ日本企業にとっても健全な制度運用できるよう行政機関を利用した募集ネットワーク構築に尽力してまいります。日越両国の更なる発展の為に社会的義務を以て調査レポートを両国行政に提出し、改善のため行政協力してゆきます。


本年も変わらぬご愛顧のほど、お願い申し上げます。